« 使い捨てライター | Main | ちょっとイッてる? »

2008.05.30

石工だって。

ビジネス本とか、セミナーとかで
「2人の石工」という話を聞いた事があるかもしれない。
#出典の原著は知っているのだが、
 その亜流も流行っているねぇ・・。

概ね、いい話だと思う。
この手の説話では、かなり好きなほうである。

が・・・。

えーと、一応ざっくりおさらい。
--------
石切場にやってきた男が、
石工に何をやっているのかと尋ねた。

一人の石工は不機嫌な表情で、
「食うためにこの忌々しい石を切っているところさ」とぼやいた。

もう一人の石工は満足な表情で、
「教会を建てる仕事をしているんだよ」と誇らしげに答えた。
--------
さあ、どちらが充実した仕事のスタンスでしょうか?

・・・という内容。
ま、言わずもがな後者だよねぇ。

で、ここで話が終わってしまう。

さて私は、
聞いてすぐ、2つの疑問を持った。

疑問その1:

 なぜ2人目の石工は、さらに続けて
 「その教会で私も祈るのだから」と、言わないのだろうか。
 そのほうがもっと主体性を持ったスタンスにならない?

 仕事へのモチベーションとか
 志を持った充実した人生を、と言うのなら
 何でそんな簡単なレベルまで展開しないの?

 そう言ってしまうと、何か不都合でも?

 石工だって祈るだろう、
 自らも共に祈る時に建ててよかったと思える教会こそ、
 建てたいだろう。

 宗教っぽいのがお嫌いなら、
 教会を「病院」や「橋」に代えて読んでもいい。

疑問その2:

 1人目の石工のスタンスは、確かに望ましくない。
 単なる対比ならばそう見えるのも仕方ないかも。

 でも、食うのを蔑んではならないよな。
 明日も満足して石切を続けるには
 健康な体と心と意欲を維持するために
 十分な食事と休息とが必要だ。

 石工だって食ってるんだ。

 二人目の石工になるためには、
 それをきちんと確保しなきゃ
 石工であることすら維持できなくなる。

 満足を得ているなら、腹ペコでも貧乏でも
 喜んで働け、ということにはならない。

・・・しばらくいろいろ考えてみて。
一見、完成されている元の話が
あまりにも簡単に終わってしまう事への
食い足りなさが、ようやく分かってきた。

「満足している」という現象を発現させうる
動的な人間らしさへの観察が、
すっぽりと落ちてしまっている。

そして、ナニが満足に値するのかを
どちらか一方の視点で決めたり
傍観or自己責任にすり替えてしまうのは
ちょっと無責任なスタンスじゃないかな?

「石切り場にやってきた男」はいったい何者?
たぶん、石工の本当の気持ちは、
その男にわかる由もないのだろう。

祈りや想いや切実さを忘れた満足の追求は
やがて牙をむく。

この、概ねとてもよい話を
ともすれば「労働に満足せよ」という金箇条に
歪曲して、貶めて、上から伝えてしまうのは、
#亜流が蔓延してしまうのも含めて
そんな危うさを現している。

|

« 使い捨てライター | Main | ちょっとイッてる? »

Comments

ども。お世話になっています。
ほほぅ。。。
つい余計な口を挟みたくなるテーマですねぇ。。
オモシロイ。

>なぜ2人目の石工は、さらに続けて
 「その教会で私も祈るのだから」と、言わないのだろうか。

言ってしまったら“教訓話”にならないからでは?
そこから先の「その教会で私も祈るのだから」と言うか言わないかは自由…
そもそもこの2人の対比は“問いかけ”なわけだから、つまりは「自分で考えなさい」ってことだよねやっぱ。


>そのほうがもっと主体性を持ったスタンスにならない?

これが、この教訓話から引き出された“仕事に対する主体性の気付き”になるのワケだ。
そう思ったという事は、それがアナタの基本スタンスってことだねたぶんですけど。

この話で「石切り場にやってきた男」の立場まで掘り下げるとは
るし。さんらしいや。

私だったら
「オモシロイから切ってんの」って言えたら幸せかな。
まぁ「わかんないけど切れって言われたから…」よりいいやね。

Posted by: sister.M | 2008.05.30 05:21 PM

補足補足!

あくまで“問いかけ用のたとえ話”だから、細やかなストーリーになってないのは当然なんだけどさぁ。


るし。さんだったらね
「教会を建てる仕事をしているんだよ。この町に教会を建てたらどうなるのか、見てみたいんだ」
って言うんじゃない?

Posted by: sister.M | 2008.05.30 05:29 PM

>sister.Mさん、
どもども、いつもお世話になります。

さすが行間読みの才覚が出てますね、
恐れ入ります。

ま、偏屈な私に点火できたくらいなので
この説話の教訓的意味はあるのかと思いますね(^^;;

今回の思考実験の外輪には、
たとえば食品や建築の安全のような
「自らそれを食う/それに住まうことができるか」
という項と、
「勝手に考えなさい」と言うだけ言って
責任逃れの理由にしてしまう言う側の主体性のなさと、
「気づかせてやった」という他人事の傲慢さの横行が、
リアルな現象面として存在すると思います。
#ビジネスにおいては、特に。

後者に関して言えば、「そう言ってしまうと、何か不都合でも?」という文言のさらに行間が、そのへんで、故に疑問2の後半につながるのでした。

社会人文科学的なフィールドワークへの共感と懐疑‥なんてのも思考のグルグル感が似てるかな、逆手から見てレヴィ=ストロースの著書とか。主体性と関係性のマジックとして。このへんはコメント2通目の最後は、合ってます。さすが。

「面白いからやってる」というのはすごくいいと思いますよ、むしろうらやましいくらい。
基本的に楽しいことは大きなモチベーションですもん、脳科学とかの裏づけなしでも実感できる。
どーせやるなら楽しまなきゃ、というのは全然ありで、つまんなくてもやらなきゃいけない場合とか、面白いことしかしない方向での「縮み上がり」とバランスしていく駆動力にそれ自体なるという不思議さ。

ま、長文失礼いたしました…

Posted by: lucifer | 2008.05.30 10:20 PM

ほほぅ…
なるほど。この、たとえ話からそこまで掘り下げるとは…

「気付かせてやった」という傲慢さは無いんじゃないかと思うけど。
どの部分をして、そう思うのかしら。
それは考え過ぎかと…

ま、一つの話(或は出来事)の受け取り方も男女の違いってのはあるわね。

Posted by: sis.M | 2008.05.31 02:09 AM

っつか、もうちょっと平たく言うとどうなるわけかな?

残念ながらレヴィ=ストロースの著書ってのが一般的でないような気がするのは、私が知らないだけだからでしょうか?

なんかせっかくオモシロそうなこと書いてるみたいだけど
難しくてわかんないわねぇ。

私にわかるように説明してみ?

Posted by: sis.再び | 2008.05.31 02:29 AM

どもども。

ま、どのへんがオモシロそうに見えるか
また深く自由に掘り下げてみてくださいね(^^)
そりゃまた個性の賜物ですから。

Posted by: lucifer | 2008.06.04 11:56 PM

I must thank you for the efforts you have put in writing this site. I am hoping to check out the same high-grade content from you in the future as well. In fact, your creative writing abilities has encouraged me to get my own, personal website now ;)

Posted by: novoline online | 2014.02.09 09:54 PM

Ѕo thе truth iѕ Angel Cameo Jewelry сould be affordable but іs still lovingly hand carved іn a reɑlly long anԁ arduous process. This wіll defіnitely decrease thеіr sex. Women prefer using ɦіs shape wear rathеr than going սnder the experience оf knife and cuts tߋ boost or enhance tɦeir figure.

Posted by: buy proextender | 2014.03.18 02:08 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 石工だって。:

« 使い捨てライター | Main | ちょっとイッてる? »