« 五輪特需なんて | Main | Long Hot Summer »

2008.07.25

概ね、PID。

理系くさいエントリーで恐縮ですが。

仕事で使ってた簡単な制御盤が壊れたので
バラしてユニットを交換してみたのだが
パラメータ設定するところがあって、
PID制御とゲイン設定とフィルタなどなど。

取説にも項目の意味がザックリ書いてあるのだが
どういう仕掛けなんだか、面白いので調べてみた。

PID制御とは・・・<wikiに詳しく出てた。

クルマの運転が例として感覚的にはわかりやすいね。
加速を予測してアクセル踏んで、だんだん抜いて、
一定速度を保つとか、上り坂で踏み足してやるとか、
自然と普通にやってる動作が、じつはPIDと同じ。

オンオフだけでやってたら、ギクシャクしちゃう。

楽器のチューニングなんて、まさにこれですね。
ちょいとづつヒネりながらズレを調整、
オーバーシュートしないように追い込む感じ。
プイーン、ピキーンと一発でいくのは
人間の感覚と手調整が
瞬時にPID制御と同じような作業をしてるから。

--------
普段の行動でもPID制御に似た例が
あー、思い当たる節あるなぁ・・・と。

グラフの縦軸に「気持ち」とか「体調」とか入れてもいいかも。
落っことさず、上げ過ぎず、うまく保てるといいな。

頑張り過ぎて後でヘロヘロなんてのは
制御を失敗している典型例だよね、
まさにオーバーシュートしてる状態。

フルパワーから下、出力80%くらいの位置に
目標をつくって置くというのも重要。
でないと微分制御が効かないもんねぇ、
いざという時用に、余裕を残しとかにゃ。

測定機器だとかなら直線性のいい部分だけにして、
下2割と上2割は使わないで
まんなか6割で動作っていうのがセオリなのですが
ニンゲンも同様に、スムーズに管理できる範囲を使うのも
快調を保つには大事な管理法よね。

比例制御って自体がオトナな感じなんだが、
(オンオフ制御じゃコドモっぽい?)
積分制御はちょっと女性的、
微分制御はちょっと男性的、かも?

自分制御が上手い下手はともかくとして
だれでも意識なしにで、やってる行為なんだろうな。

意外と行動を簡単にモデリングできたりしたので
ちょっと興味深い思考実験なのでした。
迷いがある時にこうやって自己確認するのもいいかも。

とはいえ、
ま、だいたい人生こんな単純ロジカルなわけもなく、
割り切れそうでそうでもないところが多いのが
また面白いんですがねー。

|

« 五輪特需なんて | Main | Long Hot Summer »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 概ね、PID。:

« 五輪特需なんて | Main | Long Hot Summer »