« 山スカ | Main | La période noir. »

2008.09.21

車検+R-Line

R32号が5年目の車検を受けました。

無事に特に重整備もなく、
ECUのフォルトメモリーもエラーが全く無く、
機関絶好調でほぼ7万キロ走破。

で、ディーラーさんへ引き取りに行ったら
店舗の前で良い風景になったんで撮りました。
R32x2r36
銀色4ドアのIVとV型の2ショット。
さて後ろの店内にもちらっともう一台・・・(後述)

--------
車検の話。

消耗品は基本整備系とフィルタ類、
大物で唯一は、バッテリーを交換しました。

相変わらず、ブレーキパッドが減らない(^^;;;;
新品時って何mmだったっけ、まだ9.5mmもありました。
タイヤは7分山、前後差も偏磨耗の兆候も無かった。

実はけっこう気にしていたのはクラッチとEGマウント。
私の左足が下手くそ気味なのと
こんだけハイパワーの横置きFFベースMT車なので
負担が大きいと思ってたんですが
これまたマダマダ大丈夫でした。

--------
で、店内にようやく発売開始の
Passat Variant-R36が置いてありました。
R36f
黒は迫力あるねぇ。

中に入ってもよろしという事で、
黒のレザーとアルカンタラ のシートへ着座。
R36seat
このシートは圧迫感が無いねぇ。
R-Lineという枠でR32のような"はまり込む"感を期待すると
それよりはずっとサラッととラグジュアリーなものでした。

メーター周りはアルミニウムで演出されてます。
R36meter
で、いちおうフルスケール300km/hなのよね。

もちろん走行試乗してないので判りませんが
全身から、RacingだけでなくGrandTouringであるゾという
意思表示みたいのが伝わってきます。

もともとPassatはサラッとあっさり風味のGT系だったので
Golfに比べれば長距離ランナーの味付けで正解かも。

R-Lineの「RacingのRである」は、だいぶ拡大解釈になってきたね。

とはいえ、高速やいつもの山坂道に飽き足らず
サーキットでも引きずり倒せそうな中身をワゴンに持たせるのは、
高性能欧州車の典型例というわけで。

・・・車検時の代車はできればこれがよかったなぁ。
#それはさすがに無理だろう、自分!

|

« 山スカ | Main | La période noir. »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 車検+R-Line:

« 山スカ | Main | La période noir. »