« Volkswagen Fest 2008 in FSW | Main | 麦茶の謎・・・。 »

2008.10.26

Advice for the young at heart

Advice for the young at heart
Soon we will be older
When we gonna make it work ?
(Advice For The Young At Heart/Tears For Fears)

--------
大学の学園祭を見に行って、
通りすがりの学生に何度かペコリと会釈された。

いゃ、俺、ここの関係者じゃないんだけど??

挨拶した側を、振り返って見てると
誰にでも挨拶する律儀な学生、って訳でもない。

たぶん、私に似た助手さんか准教授さんか
ポスドクか、先輩なのか、このキャンパスに居るのだろう。

そんな人が居るのなら見てみたい気もするが、
自分に似た人を見るとあまり気分の良いものではないだろうし、
きっとむさ苦しい奴に違いないだろうし。

久しぶりに大学っていうエリア/環境の中を、のどかに歩いてみた。
実際、"学校"に居る時代が長かったので
こういう雰囲気って、どこか身に付いている。

--------
今日はすごく楽に、全身概ねUNIQLOという感じで
ズルッとジーンズにadidasを履いて
ヒゲも剃らず、頭も程よくボサボサで
キャンパス内をプラプラ歩いていたので、
まぁ、あまり真っ当なオッサンには見えないのかな。

ま、イロイロと確かに
大学などに居そうな人物像ではある。
我ながら、ちょっと自覚症状もある。

最近、本棚を整理していたら出てきた学生時代の写真の姿と、
プラプラする時の着ている物と、あまり方向性は変わっていない。

あの頃は、買ってたのがUNIQLOではなくてアメ横界隈だったり、
お腹がメタボでなかったのでLevi'sの501をちゃんと履いていたり、
流行っていたHellyHansenのゴアテックスを羽織っていたり、
若かりし頃っぽい見栄もあったりしたけど。

そんな姿でも、今日の格好でも、
研究室の前の長椅子で突っ伏して寝ていたら、
大差ないだろう。

学祭の賑やかさに当てられて
ホットドックを買い食いして学生ホールの椅子に座り、
流れていく学生を眺めてたんだが、
購買でフィルムとタバコを買ったら金が無くなって
ベビースター30円と紙コップジュース50円で空腹を紛らし、
なんだか遣る瀬無かった、学部生の秋の頃を思い出した。

なぜかカバンの中のウォークマンに入れてあった
Tears For Fearsのカセットテープを繰り返し聴いていた。
それこそ歌詞の意味は、詳細にはわからなかったけれども。

--------
若かった私と、気の若い彼らと、
まるでそんなものが身に付いてしまった我らと。

久しぶりに訪れた学びの場で感じる居心地のよさは
またそれを離れてずいぶん経つから気付く事でもある。

たぶんずっとこうなのだと思う、
それは知らずに自らそのものの一部になっていて
働いても老いても、生活や経済や産業にもまれても、
なんかしきりに学んだり悩んだり遊んだりし続けるのを
心地よく素直な気持ちに感じられるのは、
あの頃も、それからも、ずっとやってる事だから。

だから、焦ることは無くて、若いうちにこそ
なんかしきりに学んだり悩んだり遊んだりするのが
とても得がたく貴重な体験だったりする。
#なんでも巧く楽に行っちゃうと、もったいないすヨ。

--------
Advice for the young at heart
Soon we will be older
When we gonna make it work ?

Working hour is over
We can do anyhting that we want
Anything that we feel like doing
Advice...
(Advice For The Young At Heart/Tears For Fears)

|

« Volkswagen Fest 2008 in FSW | Main | 麦茶の謎・・・。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Advice for the young at heart:

« Volkswagen Fest 2008 in FSW | Main | 麦茶の謎・・・。 »