« Advice for the young at heart | Main | 「工学」とか云う。 »

2008.10.30

麦茶の謎・・・。

これは不思議!

カミサンが麦茶を作っていて、
約2時間後に冷蔵庫を開けたら
こうなっていたそうな。
Mugicya
おー、なんだこれー。

謎のレシピを聞いてみると、
お湯にちょっとお砂糖を入れて溶かして
水で薄めてから麦茶パックを入れて
さらに上から水を足したらしい。

下が暖かいのに、砂糖が溶けてて重いので
境界面では相互が混ざるような熱対流をしなかった
・・んですね、たぶんコレ。

で、上の水は下の砂糖水に温められて対流して
そこだけで麦成分が浸透圧だか拡散で抽出されて、
冷蔵庫でそのまま冷却されて、準平衡状態に。

まぁ、
ずいぶんきれいに層を成しているのは偶然ながら
なかなかサイエンスな考察を呼ぶわけです。

大気とか海水とか、層状になったりするじゃないですか。
あれの小さいのが冷蔵庫で垣間見れたりするのは面白いね。
グラスの中のお酒の濃度で出来る場合もアリですか、ね?

さて、この麦茶が
明日の朝はどこまで相互拡散しているか、
ちょっと楽しみな感じ。

|

« Advice for the young at heart | Main | 「工学」とか云う。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 麦茶の謎・・・。:

« Advice for the young at heart | Main | 「工学」とか云う。 »