« 新春らしく? | Main | EX90(改)復活。 »

2010.01.04

伯父のこと。

そういえば、昨年末に急遽中京地区へ行っていたのは
伯父の葬儀があったからなのだった。

伯父は数学者で、数年前に退官して以降
別の大学へ数学(教養課程)を教えに行っていたそうだ。

学術論文データベースには
伯父の書いた論文が何本も残っていて、閲覧できる。

専門は、実は私にはちっともわからないジャンル
いわゆる抽象代数とか群論とかいうのね。

これ、ブール代数とかにも繋がっているので
後世・晩年は、実は計算機数学、
要するにHPC(スーパーコンピュータ)に
いかに演算させるかの研究に没頭していた。

だから、何の因果か甥っ子が演算素子を造る側になったことを
いちばん喜んでくれたのは、伯父であった。

#親戚一同、おいらが何屋なのかはいまだ謎みたいで・・。

----------
伯父は酒が好きで、遊びに来て酔っ払うとよく数学を教えてくれた。
これがまた難しいのだが・・。「こんなのもわからないか?」
・・・ええ、高校生に群論は早すぎますって。

逆に、酔っ払っているせいもあって、計算はよく間違える。
「伯父さん、数学者なのに計算苦手なのかい?」

そこで言ったことが、生涯忘れられない。

 「数学者だって計算は間違えるよ、人間だから。
  わたしだってお釣りはよく間違える。

  与えられた計算なら間違なく坦々とこなしてくれるのは計算機だ。
  でもその機械にどういった計算をさせるかを教えるのは
  数学の仕組みを理解している人間の役目だ。

  人が思いつく仕組みをきちんと書下せば計算機はあっというまに
  正確な答えを出す、だから計算機は有益な道具だ。
  でも出したその答えが妥当なものかわかるのも、
  また数学を理解した人間にしかできないことだ。

  出てきた計算の結果から、思わぬ発見もある。
  それを見つけられるのも、人間の力だ」

コンピュータはまだまだ万能の箱かもしれないと感じていた少年には
結局は優れた道具を人間がどう使うかで決まると言い切った
伯父の言葉には深く感銘を受けたし、
その後の私の思考にも大きく影響があった。

----------
伯父のもうひとつ大きな印象は
音楽好きであったことだ。

いや、我が家にはなぜだか音楽好きの家風が
今もいろいろな形で現れているのだが。

葬儀の祭壇に、愛聴していたマリア・カラスのLP盤が供えてあった。

イタリアオペラの一部が特に好きだったようで、
ヴェルディとプッチーニが大好き、
ワーグナーは臭くて好かん、と言っていた。
古い実家に遊びに来ると酔った勢いで自慢のテノールを披露しては
祖母にたしなめられていたのを目撃している。

「そんな高い声で歌うからヌカミソが酸っぱくなるじゃないか!」
・・なるのかわからないが、なんとなく雰囲気はわかる(笑)

天国では、どれだけ歌ってももうたしなめるものもないだろう、
祖母も「まーた飲んで歌ってるよ」と笑ってくれるだろう。

美味しいお酒と美味しい料理、そして美しい歌。
そのお酒が伯父の寿命を縮めてしまったのは事実なのだが、
数式にも美はある、と言っていた伯父らしい生涯だったと思う。

ご冥福をお祈りすると共に、
残していってくれたあの言葉たちは、生涯忘れないよ。

いままでありがとう。

|

« 新春らしく? | Main | EX90(改)復活。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 伯父のこと。:

« 新春らしく? | Main | EX90(改)復活。 »