2005.12.15

はぁ、「誤訳」とな。

前々からどうも違和感を感じていた現象なのだが・・。
はっきりとわかりやすいキーワードが書いてあった。
誤訳」と。
by.Newsweek日本語版(12/14号)

買って読んでみただよ。

Continue reading "はぁ、「誤訳」とな。"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.06.11

Festival du Film Français YOKOHAMA

フランス映画祭 横浜2005
15日から開催。

今年のポスターはこれ。
FFF-yokohama
シンプルなTricolorでかっこいいわ。

Continue reading "Festival du Film Français YOKOHAMA"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.02.02

LocationFree

というコンセプトでSonyが新製品を出した。
海外でも日本のテレビを視聴できる“ロケーションフリーテレビ”LF-X5

なーるほど、自分んちにあるチューナーの受け止めた情報を
net経由で「再送信」して(も)くれるわけね。
個人利用に限るけど。

Continue reading "LocationFree"

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2004.10.31

日曜夜のお約束

そりは、「世界遺産」を見ること。
今見てる。

これ見て、寝る。

画がきれいだよー。

Continue reading "日曜夜のお約束"

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2004.07.11

Luc Besson!

買っちまいましたよ~。希代のクルマバカ監督Luc BessonのDVD。

しかも、例の"Michel Vaillant"と"TAXI3"と"TRANSPORTER"の3本立て。
luc_besson_x3pac.jpg
昨日発売、まだ未開封。

詳細はこちら。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0001ZE4SI/

んー、明日のネタになる予定^^。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.03.21

追悼・いかりや長介

昨日、お亡くなりになったそうで。
ご冥福をお祈りいたします。

いかりや長介さんといえば有名番組、ドリフの「8時だヨ!全員集合」で「ウイッス!」と言っていたのが思い出される方が多いと思いますが、私の家ではこの番組自体が「不適切」な番組として幼少の頃は視聴禁止の憂き目にあっておりました。ま、小学高学年になったら隠れて見てたんだけどね(でも、食事中のTVは中学校位まで禁止でしたが)。だから時代がドリフからひょうきん族に変わる辺りの、黄金期最後の辺りしか覚えていない。ヒゲダンスくらいからかなぁ、見てたの。

さて、そのころのいかりや長介さんは、私にとって「嫌いな大人」No.1だった。
だって、「バカヤロウ」ってすぐ言うんだもん。子供ながら(子供だったから)不条理な罵声は理解しがたいものだったのです。理由も無く・もしくは些細なミスで「バカヤロウ」呼ばわりは、見てて不愉快だったの。それが公共電波で流れて皆が笑っているという構図は信じがたかった。

そんないかりやさんのイメージがガラット変わったのは「踊る大捜査腺」で「和久さん」を演じるようになったころから。いい意味で不良オヤジっぽい味が出ていて、好きなタレントに変わっていました。「バッカヤロウ・・・」て台詞もありましたが、「青島くん」への師弟愛が見えるようになっていたから。もう笑うネタとしては言ってなかったと感じていました。あと、ラガービールのCMもかっこよかったなー。クールにベースを弾く大人って、あんまし見ないでしょ?

というわけで、私にとっては「いかりやさん=和久さん」でありました。いろいろ紆余曲折の結果、あの位置に居たこと、あれを演じたこと自体、「いかりや長介」という人間のストーリーが見えた気がして。

再度、「和久さん、お疲れ様です」 ご冥福をお祈りします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.03.11

Jupiter 追記

ちょっと前、Gustav HolstのJupiterの話を書いた。

んで、前後で遊佐未森さんの話も書いてた。

あらら、気付かなかったよ。同じ原曲で遊佐未森さんも歌ってた。
"a little bird told me" アルバム「庭」(1999) の5曲目。
不覚・・・(T_T)

こっちは、ちょっとしんみりバラード調。
すごくいいよ。

ところで、
この曲の歌詞の描く情景で思い出すのは、宇宙探査機ポイジャーが太陽系を離れる時、最後に1回振り向いて地球の写真を撮って暗黒の宇宙へ去っていったこと。

ずいぶん昔だけれど、この話をテーマにしたTV番組がありました。
NTTデータスペシャル「宇宙からの贈りもの~ボイジャー航海者たち」(TBS系1992年2月15日放送、1992年度ギャラクシー撰賞受賞)
これ見てえらく感動した覚えがありました。マジ泣けるよ。

ちなみに、この番組に携られた上田壮一さんは現在、左の「I LIKE IT」メニューに貼ってあるThink the Earthプロジェクトを主宰されています。

こういうのに弱いんだなー、私。

| | Comments (0) | TrackBack (0)